いつまでもあると思うな

Category : 暮らしいろいろ
昨日の朝、友人から誕生日祝いのメールが届きました。
「遅くなってごめんね。実は母が急逝してバタバタしてました」。

…あまりのことに、言葉もなかった。
友人のお母さんには何度かお会いしたことがあり、
とても明るく闊達な方で、
ああ、このお母さんにしてこの友人ありなのだなぁ~、と納得したことを思い出す。
数年前に体調を崩し、入院していたという話は聞いていたのだけど…。

今からでも間に合えば葬儀に参列したい旨友人に伝えたのだけど、
「その気持ちだけで十分。今、斎場に向かっているところだから」との返信。
ますます言葉を失った…。

「あなたはお母さんと仲良くね。私はもっと優しくしておけばよかったと後悔中」
という最後の行に思わず号泣。
彼女とお母さん、不仲どころかすごく仲の良い母娘だったのです。
そんな彼女でもそういう悔恨が残ってしまうものなのかな…。

私なんて、孫の顔を見せるどころかいつまでたっても根無し草で心配のかけ通しで、
どうやっても孝行が足りる気がしない…orz
常に何か困っていることはないか、体調崩してないかを気にかけて
必要なとき手助けするぐらいのことしかしてないからなぁ。
なんだかなぁ。
葉書通信は、母も楽しんでいるようなので続けよう。



幸い母は庭に遊びに来るメジロちゃんの絵など描き、
楽しく暮らしているようだ。
できるだけ元気で長生きして欲しい。

読んだよ!のシルシにポチッと。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

寝不足の原因は…

Category : 暮らしいろいろ
昨夜はなぜかよく眠れず、浅い眠りと覚醒を繰り返して朝を迎えました。
眉間の辺りが重くて、ボーッとする。

眠りが浅いと毎度毎度すごく鮮明な夢を見ます。
昼寝とか夕寝の場合、十中八九悪い夢を見ます。
悲しい、怖い、不安。そういうものが詰まった寝覚めの悪い夢のオンパレード。
日常的に不安に感じていることや、心配していることがそのまま夢になる。
でも昨夜の夢はそういうのとはちょっと違う、奇妙キテレツ系でした。

実家の近く、地元の駅から電車に乗り込んだら、同じ車両にキムタクが乗っていた。
「オレ、新聞であんなことやらこんなことやら書かれてるんだよね~。知ってる?」
…みたいな話をふられ、
「マスコミなんてみんな適当なこと書いてるもんだって世間はみんな知ってるよ」
…みたいな、知った風なフォローをする。
そうこうしてるうちに、中尾明慶が車両に乗り込んできて私とキムタクの輪に合流。
「あんた、『嫁と子供の寝顔を見るのが一番の幸せ』とか語ってたねー」
…と冷やかす。照れる中尾。
その後、安い居酒屋に3人で立ち寄ったような気がする。

次に覚えているのは、海が眼前に迫る見知らぬ土地。
電車の行先がいつもと違っていて、まったく知らない土地に行きついてしまったという設定らしい。
(いつキムタク、中尾と別れたのかは全く不明)
そしてなぜだかそこは飛行機か船でしか渡れない離島のようなところなのです。
地元の海から見えるはずの島影はなく、
対岸遠くには見たこともない陸地と雪をいただいた山脈のようなものが広がっており、
夢の中の自分はそれを見て「ああ、北陸だ」と思っている。
泊まる場所の当て所もなく困っていると、
通りすがりの清水富美加に「うちに泊まれば」と声をかけられ、実家に連れていかれる。
大きくて立派な民家で地下に大理石の床の祭場みたいなスペースがある。
「知ってるだろうけど、うちでは布団は使わなから」と宣言される。
「あれ?でも2階に布団一式おいてあったよね?」と思ったが言わないでおく。

そのうちに清水富美加のお父さんとお兄さんが帰宅。
お父さんは富士額に角刈りの厳格そうな人。
「夜の集会にだけ顔出して」という意味のことを、聞いたことのない方言で言われる。
お兄さんは顔がよく見えない。
そーか、じゃぁ夜まではやることないな、と、
和室からすぐ目の前に広がる海を眺めていると、
水面から出たり入ったりする大きな尾びれが2つ見え、「クジラだ!!」とコーフンする。
それがどんどんこちらへ近づいてきて、
よく見ればクジラではなくイルカであることがわかる。
背びれがいくつも波間に現れては消える。
おお!イルカの群れではないか!とスマホで激写していたら、
イルカの大群はあり得ないほどこちらへ近づいてきて、
最終的には窓のすぐ向こう側まで迫ってガラス戸にガンガンぶつかってくる。恐怖!!
つまりいつの間にか自分が水槽の手前にいるような体いなっちゃってる。
イルカは間近で見ると結構怖い。口元とかね。

イルカの大群がガラス戸にビシバシぶつかりながら通り過ぎると、
なぜか突然視点が俯瞰になり、上空から群れの全体像を眺めている。
すっっごい数のイルカがいて若干気持ち悪かったのであった。

…という、夢です。

頭痛い…。

読んだよ!のシルシにポチッと。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
プロフィール

Author:りん
40代。独身。会社員。
一人暮らし。同居人・ペットなし。
書道とヨガを習っています。

ランキング参加中
★★★
Calendar
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Archive
最新記事
カテゴリ
にほんブログ村
広告
おざぶとん
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター